開催概要

内子手しごと木のおもちゃ博四角いロゴmini

内子町の手しごと職人たちで組織する「内子手しごとの会(山本勝美会長)」の職人たちが国産材で作り上げる様々な木製おもちゃ(輪ゴム鉄砲、紙相撲土俵、指相撲土俵、木製ミニ四駆、木製プラレール、手作りコマ、スーパー竹トンボ・ひのきトンボ、巨大下駄飛ばし、ひのきドミノ、木製パズルなど)を一堂に集め、“体験型手作り 木のおもちゃテーマパーク” として実施します。

あわせて、女性を対象にした「大工女子」の催しも企画し、参加者が作ってみたい家具を職人が国産材を使ってパーツ化。それらを参加者の女性が自分の手で組み上げていく “オーダーセルフメイド体験” も行っていきます。

こうした催しを通して、技術とアイデアに溢れる内子手しごとの会の活動を広くPRすると共に、独創性と完成度の高い木製おもちゃで遊んだり、女性の家具製作体験を通じて、木に直に触れる機会を効果的に作り出し、子どもからお年寄りまで世代をこえて興味が湧くような新しいイベントとして提案していきます。

地元の公共スペースを使用して毎月定例開催(毎月第3日曜日開催)していくことで、地元住民が世代をこえて楽しめる “文化祭的” な空間として演出し、その賑わいの輪に観光客の方も自然に加わるような、新しいタイプの観光振興イベントとして作りあげていきます。

内子手しごと 木のおもちゃ博覧会実行委員会

えひめいやしの南予博2016 自主企画イベント
「内子手しごと 木のおもちゃ博覧会」

実施主体:内子手しごと 木のおもちゃ博覧会実行委員会

開催期間: 2016年4月から11月の毎月第三日曜日

開催場所:内子自治センター(愛媛県喜多郡内子町内子3427)

開催時間:10時から15時まで

問合せ・連絡先:内子手しごと 木のおもちゃ博覧会実行委員会 代表 城戸(電話080-1996-8776)